PR

北海道にゴキブリはいない?寒さに強いゴキブリとGの聖域の真実!

北海道にゴキブリはいない?寒さに強いゴキブリとGの聖域の真実! トレンド

北海道にゴキブリがいない理由について、気になっている方は多いのではないでしょうか。

北海道は日本の中でも寒冷な地域であり、ゴキブリは暖かく湿った環境を好む生き物です。そのため、北海道にはゴキブリが適応できないというイメージがあります。

しかし、実際には北海道にもゴキブリは存在しますし種類が異なります。北海道に生息するゴキブリはヤマトゴキブリと呼ばれるもので、寒さに強く冬眠する習性があります。

この記事では、北海道にゴキブリがいないのは本当か、Gの聖域とは、駆除や予防策についても詳しく解説します。

北海道にゴキブリがいないのは本当か?実は寒くてもいる?

北海道にゴキブリが存在しないという説は、実際には都市伝説であり、北海道にはゴキブリが少数ながら生息しています。

しかし、北海道の寒く乾燥した気候は、ゴキブリが好む暖かく湿った環境とは異なるため、ゴキブリの数は本州や九州に比べて極端に少ないです。

そのため、北海道に住んでいる人や旅行に行く人は、ほとんどゴキブリに遭遇しないかもしれません。

北海道にゴキブリが侵入した経路としては、北海道以外の場所から送られてきたダンボールや青函トンネルの開通などが考えられます。また、暖房設備や家電製品の普及や地球温暖化の影響などで、ゴキブリが越冬しやすくなったことも一因とされます。

したがって、北海道にゴキブリがいないというのは事実ではありませんが、他の地域に比べて非常に少ないというのは事実です。しかし、油断せずに予防や駆除を行うことが大切です。

寒さに強いゴキブリの種類と特徴とは?

しかし、北海道には、一般的なゴキブリとは違う種類のゴキブリがいます。それは、寒さに強いゴキブリです。

寒さに強いゴキブリの種類としては、ヤマトゴキブリやハイイロゴキブリなどが挙げられます。

これらのゴキブリは、一般的なゴキブリよりも小さくて、体色が灰色や黒色です。また、一般的なゴキブリは飛ぶことができますが、これらのゴキブリは飛ぶことができません。

これらのゴキブリは、寒さに耐えるために、体内に凍結防止物質を持っています。この物質によって、体内の水分が凍るのを防ぎます。

また、これらのゴキブリは、冬眠することができます。冬眠することによって、体温や代謝を低下させて、エネルギーを節約します。

このように、寒さに強いゴキブリは、北海道の厳しい環境に適応しています。

北海道のゴキブリの生態や特徴は?Gの聖域とは?

北海道にはゴキブリはほとんどいないと言われていますが、実際には限られた場所に生息していることがわかっています。北海道の気候が寒くて乾燥しているため、ゴキブリが好む暖かくて湿った環境とは異なるためです。

特にヤマトゴキブリという種は、寒さに強く冬眠する習性をもっており、北海道でも生息しています。ヤマトゴキブリは日本のゴキブリの中でも北に分布する種で、低温への高い適応性を持っています。

ヤマトゴキブリは本来は東北地方から中国地方に分布していましたが、人為的な移入により北海道や九州地方などでも発見されています。特に北海道では、円山公園や小樽港周辺などで多数の個体が確認されています。

ヤマトゴキブリは屋内と野外を行き来しながら生活しており、雑木林や和紙などを食べることができます。しかし、円山公園に住むヤマトゴキブリはラブルベニアという菌類に汚染されており、秋口になると死んでしまうため、公園の外に生息域を広げられないと言われています。

よっとちゃん
よっとちゃん

円山公園の木々にびっしりヤマトゴキブリがいて、「ゴキブリの聖域」なんて呼ばれてるみたいだよ!

このはちゃん
このはちゃん

そんな光景を見たら、北海道にゴキブリはいない、なんて2度と言えなくなっちゃう!

ヤマトゴキブリは害虫として知られており、外見や排泄物が不快感を与えるだけでなく、病原菌の媒介や古書や屏風の食害などの被害ももたらします。また、アレルギー性喘息などの原因にもなります。

北海道に住んでいる人や旅行に行く人は、ほとんどゴキブリに遭遇しないかもしれませんが、ヤマトゴキブリが存在することを知っておく必要があります。

北海道のゴキブリの駆除方法や予防策は?

北海道ではゴキブリの生息数は少ないですが、完全にいないわけではありません。特に飲食店や繁華街などでは、ゴキブリに遭遇する可能性があります。

また、北海道にもチャバネゴキブリという種類のゴキブリは繁華街や飲食店などで出ます。北海道でゴキブリを駆除する方法や予防策としては、以下のようなものがあります。

【駆除方法】

  • 殺虫剤を使う: ゴキブリを直接的に殺すことができる効果的な駆除方法です。スプレータイプやジェルタイプなどがあります。スプレータイプはゴキブリを見つけたらすぐに噴射することで、即効性があります。ジェルタイプはゴキブリの通り道や隠れ場所に塗布することで、食べたゴキブリだけでなく、巣に持ち帰って仲間にも影響を与えることができます。
  • ホイホイを使う: ゴキブリを誘引して捕まえることができる駆除方法です。粘着シートや毒餌などがあります。粘着シートはゴキブリの足や体をくっつけて動けなくさせます。毒餌はゴキブリが食べて死ぬようになっています。ホイホイはゴキブリの好む場所や出入り口に設置することで効果的です。
  • 業者に依頼する: プロの技術や知識でゴキブリを駆除してくれます。また、定期的なメンテナンスやアフターケアも行ってくれます。業者に依頼する場合は、料金やサービス内容を事前に確認しましょう。

【予防策】

  • 清潔にする: ゴキブリは食べ物や水分を求めて人間の住処にやってきます。そのため、食べかすや油汚れなどを放置しないようにしましょう。また、水回りや排水溝なども定期的に掃除しましょう。
  • 隙間をふさぐ: ゴキブリは細かい隙間から侵入したり、隠れたりします。そのため、窓やドアのすき間や壁の穴などをシール材やコーキング材でふさぎましょう。
  • 湿度を下げる: ゴキブリは湿った環境を好みます。そのため、換気や除湿などで室内の湿度を下げましょう。 以上が北海道でのゴキブリの駆除方法や予防策です。北海道にもゴキブリはいるので、油断せずに対策を行いましょう。

まとめ

・北海道は寒く乾燥した気候のためゴキブリが少ないが、いるところにはいる
・北海道に生息するヤマトゴキブリは、寒さに強く冬眠する習性をもつ
・円山公園に大量に生息するも、菌類の汚染影響により秋口には大半が死んでしまう

北海道に住んでいる方や旅行で訪れる方は、ゴキブリに遭遇する可能性が低いと安心していますが、それでも完全に無視できるわけではありません。

チャバネゴキブリは飲食店や繁華街などではよく見られることがありますし、持ち込まれることもあります。また、チャバネゴキブリは本州や九州のゴキブリよりも繁殖力が強く、一度発生すると駆除が難しいです。

そのため、北海道でもゴキブリ対策は必要です。この記事を参考にして、北海道のゴキブリ事情を知り、適切な対策を行ってください。

You cannot copy content of this page