PR

台湾旧正月2024年のお店や観光スポットは?ランタンフェスの日程で楽しむ!

台湾旧正月2024年のお店や観光スポットは?ランタンフェスの日程で楽しむ! トレンド

台湾は、日本から近くて気候も温暖で、美味しいグルメや豊かな自然、魅力的な文化が溢れる人気の旅行先です。台湾には、日本とは違った風習や行事がたくさんありますが、中でも特に見逃せないのが、旧正月とランタンフェスティバルです。

旧正月は、台湾の一番大切な祝日で、家族や親戚と一緒に過ごしたり、お神輿や獅子舞などのパレードを見たり、お年玉やお菓子をもらったりします。ランタンフェスティバルは、旧正月の15日目にあたる元宵節(げんしょうせつ)に開催されるお祭りで、色とりどりのランタンが街を彩ります。ランタンには、干支や動物、花や風景などのデザインが施されており、光の芸術として楽しめます。

2024年台湾ランタンフェスティバル会場エリア(高鉄・安平)

2024年は、台湾の旧正月は2月8日から2月14日までランタンフェスティバルは、2月8日から(安平エリア)と2月24日から(台湾高速鉄道エリア)でそれぞれ開始され、3月10日までの期間で開催されます。この時期に台湾に行くと、日本では味わえない台湾の旧正月とランタンフェスティバルの雰囲気を満喫できます。

今年は、台南400年の歴史上初の国際観光ランタンフェスティバルとなり、伝統とテクノロジーの融合、「龍が台南を照らす」が謳われ、大変力が入れられています。

出典(会場画像):2024台灣燈會在台南-台灣燈會官網

台北・高雄が涼しく過ごしやすい冬から春!オトクに行くなら!

しかし、台湾の旧正月とランタンフェスティバルを楽しむには、いくつかの注意点やポイントがあります。この記事では、台湾の旧正月とランタンフェスティバルの見どころやおすすめスポット、お店の営業状況や日程、注意点やおすすめの服装などを詳しくご紹介します。

台湾で旧正月とランタンフェスティバルを楽しんでみませんか?

台湾の旧正月の日程やお店の営業状況

台湾の旧正月は、日本の正月とは異なり、旧暦に基づいて毎年日程が変わります。2024年は、旧暦の大晦日が2月8日(木)、旧暦の元旦が2月10日(土)になります。台湾では、旧暦の大晦日から旧暦の1月5日までの6日間が公式の休日となりますが、実際には旧暦の1月15日までの約2週間が旧正月の期間とされています。

旧正月の期間中は、台湾の人々は家族や親戚と一緒に過ごしたり、お墓参りやお祈りをしたり、お年玉やお菓子を贈り合ったりします。また、各地でお神輿や獅子舞などのパレードや花火などのイベントが行われます。

旧正月の期間中は、台湾の文化や伝統を感じることができますが、一方で、多くのお店やレストランが休業することがあります。特に、旧暦の大晦日と元旦は、ほとんどのお店が閉まっています。しかし、コンビニやスーパー、デパートなどは営業していることが多いので、必要なものは買えます。

また、観光地や夜市などは、旧正月でも営業していることが多いので、楽しむことができます。ただし、営業時間や定休日は店舗によって異なるので、事前に確認することをおすすめします。

台湾の旧正月の風習や行事

台湾の旧正月には、日本とは違った風習や行事がたくさんあります。

以下に、代表的なものをいくつか紹介します。

  • 年夜飯(ニェンイェファン)旧暦の大晦日に家族で食べる大切な食事です。台湾では、魚や餃子、鍋などがよく食べられます。魚は「年年有余(ニェンニェンヨウユー)」という言葉遊びで、毎年余裕があることを意味します。餃子は金の延べ棒に似ているということで、金運を招くとされます。鍋は、家族の団らんや温かさを象徴します。年夜飯は、食べきれないほどの量を用意して、翌日の朝食にも食べます。これは、年越しの夜に食べ物が残っているということは、一年中食べ物に困らないという縁起を担ぐためです。
  • 除夕(チューシー)旧暦の大晦日の夜に行われる行事です。台湾では、除夕には家族で一緒にテレビを見たり、花火をしたり、お祈りをしたりします。テレビでは、除夕の特別番組やカウントダウンショーが放送されます。花火は、邪気を払うとともに、新しい年を華やかに迎えるためにします。お祈りは、神様や先祖に感謝したり、新しい年の幸せを願ったりします。台湾では、除夕には寝ないで一晩中起きているという習慣があります。これは、一年の最後の日を大切にするとともに、長寿を祈るためです。
  • 初一(チューイー)旧暦の元旦の日に行われる行事です。台湾では、初一には家族や親戚と挨拶を交わしたり、お年玉やお菓子を贈り合ったりします。お年玉は、赤い封筒に入れて渡します。赤は縁起の良い色とされています。お年玉は、子供や未婚の人に渡します。お菓子は、甘いものや果物などが多く、甘い一年になることを願います。初一には、掃除や洗濯などをしないという習慣があります。これは、新しい年の幸運や清浄を象徴します。掃除や洗濯をすると、新しい年の福や縁を捨ててしまうという考えがあるからです。
  • 初二(チューアル)旧暦の1月2日の日に行われる行事です。台湾では、初二には嫁いだ女性が実家に帰って親族と再会したり、神様や先祖にお供え物をしたりします。ご主人から子供たち総出で奥さんの実家へ戻るため高速道路が大渋滞となります。
  • 初三(チューサン)旧暦の1月3日の日に行われる行事です。台湾では、初三には「赤口」の日とされており、不吉な日とされています。初三には、外出や訪問を控えたり、口論や喧嘩を避けたりします。また、初三には、豚の頭や魚などのお供え物を神様に捧げたり、神様の像を清めたりします。これは、神様に感謝したり、新しい年の平安を祈ったりするためです。
  • 初四(チューシー)旧暦の1月4日の日に行われる行事です。台湾では、初四には神様が天に帰る日とされており、神様に見送りの挨拶をしたり、神様の像を元の場所に戻したりします。また、初四には、神様のお供え物を食べたり、神様のお札を貼り替えたりします。これは、神様の恩恵を受けたり、新しい年の守護を得たりするためです。
  • 初五(チューウー)旧暦の1月5日の日に行われる行事です。台湾では、初五には「開市」の日とされており、商売を始める日とされています。初五には、餃子や餅などの丸いものを食べるという習慣があります。これは、円満や団結を願うためです。また、初五には、神様や先祖にお供え物をしたり、花火や爆竹を鳴らしたりします。これは、神様や先祖に敬意を表したり、邪気を払ったりするためです。
  • 初十五(チューシーウー)旧暦の1月15日の日に行われる行事です。台湾では、初十五には「元宵節(ユアンシャオジエ)」と呼ばれ、旧正月の最終日とされています。初十五には、ランタンフェスティバルや花火や爆竹などのイベントが行われます。ランタンフェスティバルは、色とりどりのランタンが街を彩ります。ランタンには、干支や動物、花や風景などのデザインが施されており、光の芸術として楽しめます。
    ランタンフェスティバルには、各地で様々な特色がありますが、中でも有名なのが、平渓の天燈祭りです。天燈祭りは、願い事を書いたランタンを一斉に夜空へと飛ばします。夜空に舞い上がるその幻想的な風景は、息を呑む美しさです。初十五には、元宵や汤圆などの丸いものを食べるという習慣があります。これは、円満や団結を願うためです。
夜空にいっせいにランタンが浮かび上がる光景ー忘れられない幻想的な思い出になりますね!

台北・高雄が涼しく過ごしやすい冬から春!オトクに行くなら!

台湾の旧正月の見どころやおすすめスポット

台湾の旧正月には、様々な見どころやおすすめスポットがあります。

以下に、代表的なものをいくつか紹介します。

  • 台北101のライトアップ:台北101は、台湾のランドマークであり、世界でも有数の高層ビルです。台北101では、除夕の夜には、ビルの外壁にカウントダウンの数字やメッセージが映し出され、新年になるとビルから花火が打ち上げられることで有名です。ランタンフェスティバルの時期になると、ライトアップが行われます。
2023年のライトアップの模様です。2024年はテーマである龍(辰)がお披露目されるのでは!?
  • 台北の寺院:台北には、多くの寺院があります。寺院では、旧正月の期間中に神様や先祖にお祈りをしたり、お供え物をしたり、おみくじを引いたりします。寺院には、多くの人々が訪れて、新しい年の幸せや健康を願います。台北の寺院の中でも、特に有名なのが、龍山寺や行天宮です。龍山寺は、台北で最も古い寺院の一つであり、台湾の歴史や文化を感じることができます。旧正月のシーズンには大きな干支をモチーフにしたランタンが飾られることでも有名です。行天宮は、様々な悩みを抱えた人々が台湾全土から訪れ、「收驚」と呼ばれるお祓いをうけるため、毎日長蛇の列ができています。また、敷地外に「占い横丁」があり、台北で「行天宮に行く」と言うと、「悩みがあって占いに行く」と思われるほど有名です。台北の寺院では、旧正月の期間中に様々なイベントが行われます。
旧正月の日中はたいへん多くの人で賑わい続けます
  • 台南のランタンフェスティバル:台南は、台湾の歴史的な都市であり、多くの文化遺産や美食があります。台南では、2024年に台湾ランタンフェスティバルが開催されます。台湾ランタンフェスティバルは、旧正月の15日目にあたる元宵節に開催されるお祭りで、色とりどりのランタンが街を彩ります。台湾ランタンフェスティバルは、毎年開催市を変えて行われており、2024年は台南市で、メイン会場は高鉄エリア(2/24~3/10)と安平エリア(2/3~3/10になっています。

    今年は、台南400年の歴史上初の国際観光ランタンフェスティバルとなり、伝統とテクノロジーの融合、「龍が台南を照らす」が謳われ、大変力が入れられています。

    台湾ランタンフェスティバルでは、干支や動物、花や風景などのデザインが施されたランタンが展示されます。ランタンは、光や音や動きなどの技術を用いて、魅力的に演出されます。ランタンフェスティバルでは、花火やパフォーマンスなどのイベントも行われます。台南のランタンフェスティバルでは、台湾の文化や歴史を感じることができます。
2023年は台北で、2024年は台南でランタンフェスティバルは開催されます!

台湾の旧正月は、日本とは違った魅力がたくさんあります。ぜひ、台湾の旧正月を体験してみてください。

台北・高雄が涼しく過ごしやすい冬から春!オトクに行くなら!

4. 台湾の旧正月のおすすめグルメとお土産

台湾の旧正月には、美味しいグルメやお土産がたくさんあります。以下に、代表的なものをいくつか紹介します。

  • 年糕(ニエンガオ):旧正月に欠かせないお菓子です。年糕は、もち米や砂糖、水などを混ぜて蒸したもので、甘くてもちもちしています。年糕は、「年年高(ニエンニエンガオ)」と発音が似ているため、高いところに登ることや出世することを意味します。年糕は、そのまま食べたり、薄く切って揚げたり、煮たり、焼いたりして食べます。年糕は、お土産としても人気があります。
  • 元宵(ユアンシャオ):旧正月の15日目にあたる元宵節(げんしょうせつ)に食べるお菓子です。元宵は、もち米粉で作った皮の中にあんこや芝麻、ピーナッツなどの餡を入れて丸めたもので、水でゆでて食べます。元宵は、丸い形が円満や団結を象徴します。元宵は、甘いものやしょっぱいものがあります。甘いものは、砂糖やオスマンサスの花のシロップをかけて食べます。しょっぱいものは、肉や野菜などの具を入れて、スープに入れて食べます。元宵は、お店で買うこともできますが、自分で作ることもできます。²
  • 魚(ユイ):旧正月に食べる食材の一つです。魚は、「余(ユー)」と発音が似ているため、余裕や豊かさを意味します。魚は、蒸したり、煮たり、揚げたりして食べます。魚は、頭と尾を残して食べるのが習慣です。これは、始めと終わりを大切にすることや、一年を通して幸せであることを願うことを表します。魚は、台湾の海や川でとれる新鮮なものがおすすめです。³
  • 菜包(ツァイバオ):旧正月に食べる食べ物の一つです。菜包は、小麦粉で作った皮の中に、白菜やニラ、豚肉などの具を入れて蒸したものです。菜包は、お金や財運を象徴すると言われています。菜包は、朝食やおやつとして食べたり、お土産として買ったりします。菜包は、台湾の各地で作られていますが、中でも有名なのが、台南の菜包です。台南の菜包は、皮が薄くてもちもちしており、具がたっぷり入っています。台南の菜包は、お店で買うこともできますが、自分で作ることもできます。⁴

台湾の旧正月には、美味しいグルメやお土産がたくさんあります。ぜひ、台湾の旧正月を味わってみてください。

台湾の旧正月の楽しみ方と注意点

台湾の旧正月は、日本とは違った魅力がたくさんあります。しかし、旧正月期間中は、台湾の生活や交通にも影響があります。台湾の旧正月を楽しむために、以下の点に注意してください。

  • 旧正月期間中は、台湾の人々が実家や親戚の家に帰省するため、交通機関が混雑します。特に、台北から南部や東部に向かう列車やバスは、早めに予約することをおすすめします。また、高速道路も渋滞が発生する可能性があります。
  • 旧正月期間中は、多くの店舗やレストランが休業することがあります。特に、旧暦の大晦日から元日にかけては、営業時間が短縮されたり、完全に閉まったりする場合が多いです。事前に営業状況を確認するか、ホテルのレストランなどを利用することをおすすめします。
  • 旧正月期間中は、台湾の人々が神様や先祖にお祈りをするため、寺院や神社が混雑します。特に、台北の龍山寺や行天宮は、初詣の人で賑わいます。寺院や神社では、台湾の信仰や風習に従って、静かに振る舞うことをおすすめします。
  • 旧正月期間中は、台湾の人々が爆竹や花火を打ち上げることがあります。特に、旧暦の元日の深夜や旧暦の15日目の元宵節(げんしょうせつ)には、爆竹や花火の音が響き渡ります。爆竹や花火は、邪気を払うという意味があります。爆竹や花火の音に驚かないように、耳栓などを用意することをおすすめします。

台湾の旧正月は、日本とは違った文化や風習を感じることができます。台湾の旧正月を楽しむために、注意点に気を付けてください。

まとめ

台湾の旧正月は、日本とは違った文化や風習を感じることができる素晴らしい時期です。台湾の旧正月には、様々な行事やイベントが行われます。例えば、台北101のライトアップ、台北の寺院でのお祈り、台南のランタンフェスティバルなどがあります。

台湾の旧正月には、美味しいグルメやお土産もたくさんあります。例えば、年糕や元宵、魚や菜包などがあります。台湾の旧正月を楽しむためには、交通機関や店舗の営業状況、寺院や神社の混雑状況、爆竹や花火の音などに注意する必要があります。

台湾の旧正月は、日本とは違った魅力がたくさんあります。ぜひ、台湾の旧正月を体験してみてください。台湾の旧正月は、日本とは違った文化や風習を感じることができる素晴らしい時期です。ぜひ、台湾の旧正月を体験してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

台北・高雄が涼しく過ごしやすい冬から春!オトクに行くなら!

You cannot copy content of this page