PR

シワシワネームってひどくない?親を恨むのはもったいない!名前の変え方や受け入れ方のコツ

シワシワネームってひどくない?親を恨むのはもったいない!名前の変え方や受け入れ方のコツ トレンド

名前は一生のものですが、自分で選べるわけではありません。親がつけてくれた名前に不満があると、親を恨む気持ちにもなりかねません。

しかし、親を恨むのはもったいないことです。名前は自分の個性や魅力の一部です。名前に対する自信や誇りを持つことができれば、人生はもっと楽しくなります

この記事では、シワシワネームと呼ばれる古風な名前に悩む人に向けて、名前の変え方や受け入れ方のコツを紹介します。シワシワネームにも魅力や個性があることを知って、名前に対する悩みを解消しましょう。

シワシワネームとは?キラキラネームとの違いは?

シワシワネームとは、古風で日本らしい名前のことを指します。キラキラネームとは反対の意味で作られた言葉で、奇抜ではない少し古風な男の子や女の子の名前のことです。最近ではこのシワシワネームが流行っています。

シワシワネームとキラキラネームの違いはいくつかありますが、一番大きな違いは漢字で書いた時に大半の人が読めるかどうか、というのが大きいのではないでしょうか。

キラキラネームには当て字の名前が多く、「明日 (トゥモロー)」や「騎士 (ナイト)」など、普通に読んでいたんでは当たるはずのない名前の読み方が多いのが特徴です。

一方のシワシワネームは奇抜ではない古風な名前という特徴から1度は目にした名前が多く、「博 (ひろし)」や「太郎 (たろう)」など、普通に読める名前が多いのが特徴です。

他にもアニメや漫画のキャラクターの奇抜な名前などもキラキラネームの特徴の1つです。もちろんシワシワネームにもアニメや漫画のキャラクターの名前がありますが、そのどれもが一般的な奇抜ではない名前がほとんどです。

2. シワシワネームに悩む人の声を紹介

シワシワネームに悩む人は少なくありません。インターネット上には、シワシワネームに対する不満や悩みを吐露する人の声がたくさんあります。ここでは、シワシワネームに悩む人の声をいくつか紹介します。

「私の名前は『節子』です。昭和の香りがプンプンする名前で、周りからは『おばあちゃん』とか『おばさん』とか言われます。名前負けしないように頑張ってるけど、やっぱり名前がコンプレックスです。」

「僕の名前は『太郎』です。一番ありふれた名前で、クラスにも同じ名前の子が何人もいます。個性がないし、呼ばれても自分かどうか分からないし、もっと他になかったのかと親に文句を言いたいです。」

「私の名前は『和子』です。漢字は『和』と『子』で、読み方は『かずこ』です。でも、『和子』という名前は『わこ』と読むのが一般的なので、いつも間違えられます。読み方が分かりにくいし、古風すぎるし、もっと今風な名前がよかったです。」

これらの声から分かるように、シワシワネームに悩む人は、名前が古風で周りと馴染まない、名前がありふれて個性がない、名前が読みにくく誤解される、などの理由で不満を感じています。シワシワネームに悩む人は、自分の名前に対する自信や誇りが低く、親を恨む気持ちにもなりやすいのです。

シワシワネームを変える方法と注意点

シワシワネームに悩む人の中には、名前を変えたいと考える人もいます。名前を変えることは可能ですが、簡単なことではありません。名前を変える方法と注意点について説明します。

名前を変える方法

名前を変える方法は大きく分けて2つあります。1つ目は、戸籍上の名前を変更する方法です。2つ目は、戸籍上の名前はそのままに、通称として別の名前を使う方法です。

  • 戸籍上の名前を変更する方法
    • 戸籍上の名前を変更するには、家庭裁判所に名前の変更を申し立てる必要があります。名前の変更を認められるためには、現在の名前に対する不利益や困難、変更後の名前に対する利益や必要性などを具体的に証明する必要があります。名前の変更は、本人の意思だけでなく、家族や社会との関係にも影響を与える重大なことなので、裁判所は慎重に判断します。名前の変更が認められた場合は、戸籍謄本や住民票、免許証やパスポートなどの各種証明書を変更する必要があります。
  • 通称として別の名前を使う方法
    • 通称として別の名前を使うには、戸籍上の名前を変更する必要はありません。通称とは、本名とは別に日常的に使われる名前のことで、例えば「あだ名」「ペンネーム」「芸名」などがあります。通称として別の名前を使う場合は、本人の意思で自由に決めることができます。ただし、通称は法的な効力がないので、公的な場面では本名を使う必要があります。また、通称を使うことで、本名とのギャップや混乱が生じる可能性もあります。

名前を変える注意点

名前を変えることは、自分の気持ちや人生に大きな影響を与えることです。名前を変える前に、以下のような注意点を考える必要があります。

  • 名前を変えることで、家族や友人との関係が変わる可能性がある
    • 名前は、自分だけでなく、家族や友人との関係にも関わるものです。名前を変えることで、家族や友人とのつながりや思い出が失われる可能性があります。また、名前を変えることで、家族や友人に対する感謝や愛情が足りないと思われる可能性もあります。名前を変える場合は、家族や友人に事前に相談し、理解や協力を得ることが大切です。
  • 名前を変えることで、自分のアイデンティティや個性が変わる可能性がある
    • 名前は、自分のアイデンティティや個性の一部です。名前を変えることで、自分の自己認識や自己表現が変わる可能性があります。また、名前を変えることで、自分の過去や経験が否定される可能性もあります。名前を変える場合は、自分の本当の気持ちや目的を明確にし、自分らしさを失わないことが大切です。
  • 名前を変えることで、社会的なトラブルや不利益が生じる可能性がある
    • 名前は、社会的な活動や契約にも関係するものです。名前を変えることで、社会的なトラブルや不利益が生じる可能性があります。例えば、名前を変えることで、学歴や職歴が分からなくなる可能性があります。また、名前を変えることで、信用や信頼が失われる可能性もあります。名前を変える場合は、社会的な影響や責任を考慮し、必要な手続きや対応を行うことが大切です。

シワシワネームを受け入れるコツとメリット

シワシワネームに悩む人の中には、名前を変えることができない人もいます。また、名前を変えることに抵抗がある人もいます。そんな人に向けて、シワシワネームを受け入れるコツとメリットを紹介します。シワシワネームを受け入れることができれば、名前に対する自信や誇りを持つことができます。

シワシワネームを受け入れるコツ

シワシワネームを受け入れるコツは、以下のようなものがあります。

  • 名前の由来や意味を知る
    • 名前には、親が子供に対して込めた思いや願いがあります。名前の由来や意味を知ることで、親の愛情や期待を感じることができます。また、名前の由来や意味を知ることで、名前に対する理解や共感を深めることができます。名前の由来や意味を知る方法は、親に直接聞くことや、名前の辞典やサイトを調べることなどがあります。
  • 名前のメリットや魅力を見つける
    • 名前には、メリットや魅力があります。名前のメリットや魅力を見つけることで、名前に対する自己評価や自信を高めることができます。例えば、シワシワネームのメリットや魅力として、以下のようなものがあります。
      • 読みやすく親しみやすい
      • 日本人らしく伝統や文化を感じる
      • 個性的で印象に残る
      • 世代を超えて愛される
      • 人気や流行に左右されない
  • 名前に対するネガティブな感情や思考をポジティブに変える
    • 名前に対するネガティブな感情や思考は、自分の気持ちや人生に悪影響を与えます。名前に対するネガティブな感情や思考をポジティブに変えることで、名前に対する悩みや不満を解消することができます。例えば、以下のようにネガティブな感情や思考をポジティブに変えることができます。
      • 名前が古風で周りと馴染まない」と思ったら、「名前が古風で個性的で魅力的だ」と思う
      • 名前がありふれて個性がない」と思ったら、「名前がありふれて親しみやすく信頼されやすい」と思う
      • 名前が読みにくく誤解される」と思ったら、「名前が読みにくく興味を持たれやすい」と思う

4-2. シワシワネームを受け入れるメリット

シワシワネームを受け入れるメリットは、以下のようなものがあります。

  • 親との関係が良くなる
    • 親は、子供に名前を付けるときに、一生懸命考えて決めたはずです。名前に対する不満や恨みを親にぶつけると、親との関係が悪くなる可能性があります。名前を受け入れることで、親の愛情や期待を受け止めることができます。また、名前を受け入れることで、親に感謝や愛情を伝えることができます。
  • 自分の個性や魅力が引き出される
    • 名前は、自分の個性や魅力の一部です。名前を受け入れることで、自分の個性や魅力を引き出すことができます。例えば、シワシワネームは、古風で日本人らしい名前なので、伝統や文化に興味を持ったり、日本語の美しさや深さに触れたりすることができます。また、シワシワネームは、個性的で印象に残る名前なので、自分の存在感や個性をアピールすることができます。
  • 人生に対する自信や誇りが高まる
    • 名前は、人生に対する自信や誇りの一部です。名前を受け入れることで、人生に対する自信や誇りを高めることができます。例えば、シワシワネームは、世代を超えて愛される名前なので、自分のルーツや歴史に誇りを持つことができます。また、シワシワネームは、人気や流行に左右されない名前なので、自分の人生を自分らしく生きることができます。

5. おわりに

この記事では、シワシワネームと呼ばれる古風な名前に悩む人に向けて、名前の変え方や受け入れ方のコツを紹介しました。シワシワネームにも魅力や個性があることを知って、名前に対する悩みを解消しましょう。

名前は一生のものです。親がつけてくれた名前に不満があると、親を恨む気持ちにもなりかねません。しかし、親を恨むのはもったいないことです。名前は自分の個性や魅力の一部です。名前に対する自信や誇りを持つことができれば、人生はもっと楽しくなります。

シワシワネームに悩む人は、名前を変えることもできますが、名前を受け入れることもできます。名前を受け入れることで、親との関係が良くなったり、自分の個性や魅力が引き出されたり、人生に対する自信や誇りが高まったりすることがあります。シワシワネームにも魅力や個性があることを知って、名前に対する悩みを解消しましょう。

最後に、シワシワネームに関する話題やニュースを紹介します。シワシワネームは、芸能人や有名人にも多く見られます。例えば、以下のような人たちがシワシワネームを持っています。

  • 俳優の渡辺謙さん(本名:謙一郎)
  • 女優の松たか子さん(本名:高子)
  • 歌手の中島みゆきさん(本名:美由紀)
  • 作家の村上春樹さん(本名:春樹)
  • アナウンサーの徳永有美さん(本名:有美子)

これらの人たちは、シワシワネームを活かして、それぞれの分野で活躍しています。シワシワネームは、自分の個性や魅力を表現する素敵な名前です。シワシワネームを持つ人は、自分の名前に誇りを持って、自分らしく生きましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

You cannot copy content of this page