PR

沖縄の新テーマパーク「ジャングリア」とは?場所をはじめ全貌を紹介!

沖縄の新テーマパーク「ジャングリア」とは?場所をはじめ全貌を紹介! トレンド

沖縄の北部に、2025年に開業予定の新しいテーマパーク「ジャングリア」が注目を集めています。ジャングリアは、世界自然遺産に登録されたやんばるの大自然を活かしたテーマパークで、気球やジップライン、恐竜などのアトラクションや、レストランや温泉などの施設が楽しめます。

ジャングリアのコンセプトは「Power Vacance!!(パワーバカンス)」で、南国の大自然からパワーをもらえるという設定です。

この記事では、ジャングリアとはどんなテーマパークなのか、場所やアクセス方法はどうなっているのか、開業時期はいつなのか、ジャングリアに行くとどんな体験ができるのか、などについて、詳しく解説します。

また、ジャングリアの周辺には、美ら海水族館や古宇利大橋、名護パイナップルパークなどの観光名所についても紹介します。ジャングリアに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

ジャングリアはどんなテーマパーク?

ジャングリアは、沖縄の北部にあるオリオン嵐山ゴルフ倶楽部の跡地に建設される、日本最大級のテーマパークです。

「世界が知らない休日(バカンス)、はじまる」ー美しい自然と期待に胸が高鳴ります♪

ジャングリアは、やんばるの豊かな自然を活かした体験型のテーマパークで、気球やジップライン、恐竜などのアトラクションや、レストランや温泉などの施設が楽しめます。ジャングリアのコンセプトは「Power Vacance!!(パワーバカンス)」で、南国の大自然からパワーをもらえるという設定です。

ジャングリアは、沖縄の観光や経済にとって大きな意義があります。ジャングリアは、沖縄の文化や自然を尊重し、地元の人々と協力して開発されています。ジャングリアは、地元の人々に雇用や収入の機会を提供し、地域の活性化に貢献します。ジャングリアは、沖縄の魅力を世界に発信することができるテーマパークです。

ジャングリアの場所やアクセス方法は?

ジャングリアの場所は、沖縄県の今帰仁村と名護市にまたがるオリオン嵐山ゴルフ倶楽部の跡地で、敷地面積は約60万平方メートルで、東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンよりも広いです。

ジャングリアの場所は、沖縄の北部にあるので、沖縄本島の中心部からは少し離れていますが、その分、自然が豊かで、静かで落ち着いた雰囲気があります。

ジャングリアへのアクセス方法は、那覇空港から車で約1時間30分です。高速道路を利用する場合は、沖縄自動車道の許田インターチェンジで下りて、国道58号線を北上し、今帰仁村の入り口で左折して約10分です。

高速道路を利用しない場合は、国道58号線をずっと北上し、今帰仁村の入り口で左折して約10分です。ジャングリアへのアクセス方法は、車で行くのが一番便利ですが、公共交通機関を利用することもできます。

公共交通機関を利用する場合は、那覇空港から沖縄バスや琉球バス交通などの路線バスで名護バスターミナルまで行き、そこからジャングリア行きのシャトルバスに乗り換えます。
※シャトルバスは、ジャングリアの開業に合わせて運行される予定です。

ジャングリアが沖縄にもたらす意義やメリットは?

ジャングリアが沖縄にもたらす意義やメリットは、大きく分けて、観光や経済、文化や自然、地域の活性化などが挙げられます。以下に、それぞれの意義やメリットについて詳しく説明します。

観光や経済

ジャングリアは、沖縄の観光や経済にとって大きなプラスになると期待されています。ジャングリアは、アジアの富裕層や若者をターゲットにしており、沖縄の魅力を世界に発信することができます。

沖縄の自然と文化ポテンシャルを武器に、ハワイを超える!(USJ再建された森岡毅さん

ジャングリアは、沖縄に新たな観光客を呼び込み、消費や投資を促進し、雇用や収入を増やし、税収や経済効果を高めると見込まれています。ジャングリアは、沖縄の観光の多様化や競争力の向上にも貢献します。

ジャングリアは、沖縄の観光や経済にとって大きなチャンスとなるテーマパークです。

文化や自然

ジャングリアは、沖縄の文化や自然にも配慮しています。ジャングリアは、沖縄の歴史や伝統、言語や音楽、食文化などを尊重し、テーマパークの中にも反映させています。ジャングリアは、沖縄の文化や自然を学ぶことができるテーマパークです。

やんばるの森で恐竜と出会ったらテンション上がるの間違いなしですね!

ジャングリアは、やんばるの大自然を活かしたテーマパークで、森や海、動植物などを保護し、環境に優しい施設やエネルギーを利用しています。ジャングリアは、沖縄の自然を感じることができるテーマパークです。

地域の活性化

ジャングリアは、地域の活性化にも力を入れています。ジャングリアは、地元の人々と協力してテーマパークを開発し、地元の人々に雇用や収入の機会を提供しています。

運営会社となるジャパンエンターテイメントから多くの求人募集がかけられています

ジャングリアは、地元の人々の声や意見を聞き、テーマパークの運営や改善に反映させています。ジャングリアは、地元の人々と一緒に成長することができるテーマパークです。

ジャングリアに行くとどんな体験ができる?

ジャングリアに行くと、南国の大自然からパワーをもらえるというコンセプトに沿った、興奮と癒しの体験ができます。ジャングリアでは、気球やジップライン、恐竜などのアトラクションや、レストランや温泉などの施設が楽しめます。

予定されているアトラクション

ジャングリアのアトラクションは、やんばるの豊かな自然を活かした体験型のものが多く、興奮と癒しを同時に味わえます。

以下に、予定されている、いくつかのアトラクションを紹介します。

  • ジャングルサファリ:ジープに乗って、ジャングルの中を探検するアトラクションです。途中で、恐竜や動物に出会うことがあります。恐竜は、リアルな動きや音を出すアニマトロニクスで再現されています。動物は、地元の野生動物や、ジャングリアで飼育されている動物です。
  • 気球の旅:気球に乗って、ジャングリアの上空から絶景を眺めるアトラクションです。気球は、ジャングリアのシンボルで、色とりどりのデザインが施されています。
  • 恐竜の谷:恐竜の化石や卵、足跡などを発見できるアトラクションです。恐竜の谷は、ジャングリアの歴史や秘密を知ることができる場所で、子供から大人まで楽しめます。
  • ジップライン:ジャングルの木々の間をワイヤーにつかまって滑るアトラクションです。ジップラインは、スピードとスリルを味わえるアトラクションで、高さや距離が異なるコースがあります。
  • パワースポット:ジャングリアの中にある神秘的な場所で、パワーをもらえると言われているアトラクションです。パワースポットは、水や石や木などの自然のエネルギーを感じることができる場所で、癒しやリラックスを求める人におすすめです。

ジャングリアでは、自然と一体になった冒険や、恐竜や動物との出会いや、絶景や美味しい食事など、忘れられない思い出ができます。ジャングリアでは、パワーバカンスを満喫できます。

予定されている施設

ジャングリアの施設は、食事や宿泊、ショッピングや温泉などが楽しめるものがあります。

以下に、予定されている、主な施設を紹介します。

  • レストラン:ジャングリアの中には、様々なジャンルのレストランがあります。         和食や洋食、中華やエスニック、ベジタリアンやハラルなど、好みや体調に合わせて選べます。レストランの中には、ジャングルや恐竜などのテーマに沿ったものもあり、食事だけでなく、雰囲気も楽しめます。
  • ホテル:ジャングリアの中には、ホテルが2つあります。一つは、ジャングルの中にあるコテージタイプのホテルで、自然と一体になれるような滞在ができます。もう一つは、ジャングリアの入り口にあるモダンなホテルで、快適と便利さを重視した滞在ができます。
  • ショップ:ジャングリアの中には、お土産やグッズを販売するショップがあります。ショップでは、ジャングリアのオリジナルのキャラクターやロゴが入ったTシャツや帽子、マグカップやキーホルダーなどが買えます。また、沖縄の特産品や工芸品、食品なども販売されています。
  • 温泉:ジャングリアの中には、温泉があります。温泉は、ジャングリアの地下から湧き出る天然の温泉で、肌に優しいと言われています。温泉では、内湯や露天風呂、サウナやジャグジーなどが利用できます。温泉の近くには、休憩所やマッサージルーム、カフェなどもあります。

ジャングリア周辺の観光スポットは?

  • 第1位:美ら海水族館
    ジャングリアから車で約30分のところにある、沖縄最大の水族館です。美ら海水族館では、世界最大級の巨大水槽や、イルカやクジラなどのショー、触れ合いコーナーなどが楽しめます。美ら海水族館の近くには、エメラルドビーチや熱帯植物園、海洋博公園などもあります。
  • 第2位:古宇利大橋
    ジャングリアから車で約40分のところにある、沖縄本島と古宇利島を結ぶ橋です。 古宇利大橋は、全長1960メートルで、日本最長の有料道路です。 古宇利大橋からは、エメラルドグリーンの海や白い砂浜、青い空が一望できます。 古宇利島には、古宇利島オーシャンタワー、古宇利島ハートロック、古宇利島ビーチなどの観光スポットがあります。
  • 第3位:名護パイナップルパーク
    ジャングリアから車で約20分のところにある、沖縄の特産品であるパイナップルをテーマにしたパークです。 名護パイナップルパークでは、パイナップル畑を見学したり、パイナップルの加工品やお菓子を買ったり、パイナップルのソフトクリームやジュースを飲んだりできます。 名護パイナップルパークは、パイナップル好きにはたまらない場所です。

まとめ

ジャングリアは、沖縄の北部に2025年に開業予定の新しいテーマパークです。ジャングリアは、やんばるの大自然を活かしたテーマパークで、気球やジップライン、恐竜などのアトラクションや、レストランや温泉などの施設が楽しめます。

ジャングリアのコンセプトは「Power Vacance!!(パワーバカンス)」で、南国の大自然からパワーをもらえるという設定です。この記事では、ジャングリアとはどんなテーマパークなのか、場所やアクセス方法はどうなっているのか、開業時期はいつなのか、ジャングリアに行くとどんな体験ができるのか、などについて、詳しく解説しました。

また、ジャングリアの周辺には、美ら海水族館や古宇利大橋、名護パイナップルパークなどの観光名所についても紹介しました。

ジャングリアに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にして、ジャングリアに行ってみてください。ジャングリアは、沖縄の観光や経済にとって大きな意義があります。ジャングリアは、沖縄の文化や自然を尊重し、地元の人々と協力して開発されています。

ジャングリアは、地元の人々に雇用や収入の機会を提供し、地域の活性化に貢献します。ジャングリアは、沖縄の魅力を世界に発信することができるテーマパークです。ジャングリアで、パワーバカンスを楽しみましょう!

You cannot copy content of this page