PR

【重曹の使い方一覧30選】家事や美容に様々役立つ重曹の魅力とは?

【重曹の使い方一覧30選】家事や美容に様々役立つ重曹の魅力とは? ツール

重曹とは、炭酸水素ナトリウムという化学物質のことで、食品添加物や医薬品としても使われています。重曹は弱アルカリ性で、酸性の汚れや臭いを中和してくれる効果があります。

また、粒子が細かく水に溶けにくいため、研磨作用で汚れを落とすこともできます。さらに、加熱すると分解して炭酸ガスを発生させる性質も持っています。これらの特徴を活かして、重曹は家中の掃除や料理、身体ケアなどに使うことができます

この記事では、重曹の使い方を用途別に30個紹介します。それぞれの使い方には、手軽さやかかる時間などで★5つで比較評価を行っています。重曹に興味がある方や、重曹の使い方をもっと知りたい方に向けて書いています。重曹の使い方・使い道一覧ともいうべき、この記事で、重曹をより便利にご活用ください!

  1. 重曹の使い方・活用法30選
    1. 1. 重曹スプレーで毎日のお掃除に ★★★★☆
    2. 2. 重曹水でお風呂の湯垢や皮脂汚れに ★★★☆☆
    3. 3. 重曹とクエン酸で排水口の掃除に ★★★★☆
    4. 4. 重曹でカーペットやラグの消臭に ★★★☆☆
    5. 5. 重曹で靴のにおいに ★★★★☆
    6. 6. 重曹で茶渋を落とすに ★★★★☆
    7. 7. 重曹で電子レンジの汚れを落とすに ★★★★☆
    8. 8. 重曹で換気扇やグリルの油汚れに ★★★☆☆
    9. 9. 重曹で鍋やフライパンの焦げ付きに ★★★★☆
    10. 10. 重曹で洗濯機の掃除に ★★★☆☆
    11. 11. 重曹でトイレの掃除に ★★★★☆
    12. 12. 重曹で歯磨きに ★★★★☆
    13. 13. 重曹で洗顔に ★★★☆☆
    14. 14. 重曹でシャンプーに ★★★☆☆
    15. 15. 重曹で入浴剤に ★★★★☆
    16. 16. 重曹で野菜の洗浄に ★★★★☆
    17. 17. 重曹でコーヒーのにおいを消すに ★★★★☆
    18. 18. 重曹で銀製品の変色を防ぐに ★★★☆☆
    19. 19. 重曹でガムを落とすに ★★★☆☆
    20. 20. 重曹で花瓶の水垢を落とすに ★★★★☆
    21. 21. 重曹で鏡の曇りを防ぐに ★★★☆☆
    22. 22. 重曹でワインのシミを落とすに ★★★★☆
    23. 23. 重曹で魚のにおいを消すに ★★★★☆
    24. 24. 重曹でガラスの傷を消すに ★★★☆☆
    25. 25. 重曹で髪の毛を洗うに ★★★☆☆
    26. 26. 重曹で爪を白くするに ★★★★☆
    27. 27. 重曹で銀魚を退治するに ★★★☆☆
    28. 28. 重曹で花の色を変えるに ★★★★☆
    29. 29. 重曹でスライムを作るに ★★★★☆
    30. 30. 重曹で火山を作るに ★★★★☆
  2. 重曹の使い方:掃除編
  3. 重曹の使い方:美容編
  4. 重曹の使い方:料理編
  5. 重曹の使い方:その他編

重曹の使い方・活用法30選

1. 重曹スプレーで毎日のお掃除に ★★★★☆

重曹スプレーは、重曹と水を混ぜたものをスプレーボトルに入れたものです。重曹スプレーは、キッチン周りの油汚れや、手垢などの酸性の汚れに効果的です。

重曹スプレーを汚れに吹きかけて、布やスポンジでこすれば、汚れが落ちます。重曹スプレーの作り方は、ぬるま湯100mlに重曹大さじ1杯を入れるだけです。重曹スプレーは、毎日のお掃除に便利なアイテムです。

2. 重曹水でお風呂の湯垢や皮脂汚れに ★★★☆☆

重曹水は、重曹と水を混ぜたものです。重曹水は、お風呂の湯垢や皮脂汚れに効果があります。重曹水を作るには、お湯1リットルに重曹大さじ3杯を入れます。

重曹水を浴槽に入れて、数時間置いておくと、重曹水のアルカリ性が汚れを浮かせてくれます。その後、ブラシでこすれば、汚れが落ちます。重曹水は、お風呂の掃除におすすめです。

3. 重曹とクエン酸で排水口の掃除に ★★★★☆

重曹とクエン酸は、発泡作用で排水口のヌメリやカビを落とすことができます。重曹とクエン酸を使うには、排水口に直接、重曹とクエン酸を振りかけます

重曹とクエン酸が反応して、泡が発生します。泡の力で、排水口の汚れを浮かせてくれます。15分ほど置いた後に、お湯を流せば、排水口がきれいになります。重曹とクエン酸は、排水口の掃除に効果的です。

4. 重曹でカーペットやラグの消臭に ★★★☆☆

重曹は、消臭効果があります。重曹を使って、カーペットやラグなどの布製品のにおいを取ることができます。

重曹を使うには、カーペットやラグなどにふりかけて、しばらく置いてから掃除機で重曹を吸い取ります。重曹が酸性のにおいを中和してくれます。重曹は、カーペットやラグの消臭におすすめです。

5. 重曹で靴のにおいに ★★★★☆

重曹は、靴のにおいにも効果があります。重曹を使って、靴のにおいを取ることができます。

重曹を使うには、使わなくなった靴下やストッキングなどに重曹を入れて、靴の中に入れておきます。重曹が靴のにおいを吸収してくれます。重曹は、靴の消臭に便利です。

6. 重曹で茶渋を落とすに ★★★★☆

重曹は、茶渋を落とすことができます。重曹を使って、茶渋がついた食器やポットなどをきれいにすることができます。

重曹を使うには、スポンジなどに重曹をつけて、茶渋をこすります。重曹の研磨作用で、茶渋が落ちます。重曹は、茶渋の落としに効果的です。

7. 重曹で電子レンジの汚れを落とすに ★★★★☆

重曹は、電子レンジの汚れを落とすことができます。重曹を使って、電子レンジの内側をきれいにすることができます。重曹を使うには、耐熱コップに水と重曹を入れて、電子レンジで温めます。

水と重曹の割合は、1:1が目安です。重曹水の湯気が庫内の汚れを浮かせてくれます。その後、乾いた布で拭き取れば、汚れが落ちます。重曹は、電子レンジの掃除におすすめです。

8. 重曹で換気扇やグリルの油汚れに ★★★☆☆

重曹は、換気扇やグリルの油汚れにも効果があります。重曹を使って、換気扇やグリルの油汚れを落とすことができます。重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、油汚れに塗ります。

重曹のペーストは、油汚れにくっついて、汚れを分解してくれます。30分ほど置いた後に、水で洗い流せば、油汚れが落ちます。重曹は、換気扇やグリルの掃除に便利です。

9. 重曹で鍋やフライパンの焦げ付きに ★★★★☆

重曹は、鍋やフライパンの焦げ付きにも効果があります。重曹を使って、鍋やフライパンの焦げ付きを落とすことができます。

重曹を使うには、鍋やフライパンに水と重曹を入れて、火にかけます。水と重曹の割合は、1:1が目安です。

重曹水が沸騰したら、火を止めて、しばらく置いておきます。重曹水が焦げ付きを浮かせてくれます。その後、スポンジでこすれば、焦げ付きが落ちます。重曹は、鍋やフライパンの掃除におすすめです。

10. 重曹で洗濯機の掃除に ★★★☆☆

重曹は、洗濯機の掃除にも効果があります。重曹を使って、洗濯機の内部や排水口の汚れやカビを落とすことができます。

重曹を使うには、洗濯機に水と重曹を入れて、洗濯コースを回します。水と重曹の割合は、水10リットルに対して重曹大さじ3杯が目安です。

重曹水が洗濯機の内部や排水口の汚れやカビを落としてくれます。その後、水で洗い流せば、洗濯機がきれいになります。重曹は、洗濯機の掃除に便利です。

11. 重曹でトイレの掃除に ★★★★☆

重曹は、トイレの掃除にも効果があります。重曹を使って、トイレの便器や便座の汚れや臭いを落とすことができます。

重曹を使うには、トイレの便器や便座に重曹を振りかけて、ブラシやスポンジでこすります。重曹が汚れや臭いを中和してくれます。

その後、水で洗い流せば、トイレがきれいになります。重曹は、トイレの掃除におすすめです。

12. 重曹で歯磨きに ★★★★☆

重曹は、歯磨きにも効果があります。重曹を使って、歯垢や歯石、歯の黄ばみや口臭を落とすことができます。

重曹を使うには、歯ブラシに重曹をつけて、歯を磨きます。重曹の研磨作用で、歯の表面の汚れを落とすことができます。

また、重曹は、歯の色素沈着を分解して白くする効果や、口臭の原因となる細菌を殺菌する効果もあります。重曹は、歯磨きに効果的です。

13. 重曹で洗顔に ★★★☆☆

重曹は、洗顔にも効果があります。重曹を使って、毛穴の汚れや黒ずみ、角質や皮脂を落とすことができます。

重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、顔に塗ります。重曹のペーストは、肌の汚れや角質を研磨して落とすことができます。また、重曹は、肌のpHバランスを整える効果もあります。

重曹を使うときは、肌に刺激を与えないように、やさしくこすりましょう。また、重曹はアルカリ性なので、洗顔後は酸性の化粧水や乳液で肌のpHバランスを整えましょう。重曹は、洗顔におすすめです。

14. 重曹でシャンプーに ★★★☆☆

重曹は、シャンプーにも効果があります。重曹を使って、頭皮の汚れや皮脂、シャンプーの残留物を落とすことができます。

重曹を使うには、重曹と水を混ぜた重曹水を髪につけて、軽くマッサージします。重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹大さじ1を溶かすだけです。

重曹水で洗った後は、酢水やレモン水で髪をすすぐと、髪の毛がツヤツヤになります。酢水やレモン水の作り方は、水1リットルに対して酢やレモン汁大さじ1を入れるだけです。重曹は、シャンプーにおすすめです。

15. 重曹で入浴剤に ★★★★☆

重曹は、入浴剤にも効果があります。重曹を使って、お風呂に入ると、肌を柔らかくしたり、血行を良くしたり、疲労回復やリラックス効果があります。

重曹を使うには、お風呂に重曹を入れて、よくかき混ぜます。重曹の量は、お風呂の水量によって異なりますが、目安としては、200リットルのお風呂に対して重曹200gが適量です。重曹は、入浴剤におすすめです。

16. 重曹で野菜の洗浄に ★★★★☆

重曹は、野菜の洗浄にも効果があります。重曹を使って、野菜の表面の汚れや農薬、ワックスなどを落とすことができます。重曹を使うには、水に重曹を入れて、野菜をつけておきます。

重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹小さじ1杯が目安です。重曹水につけた野菜は、10分ほど置いた後に、水でよく洗い流します。重曹は、野菜の洗浄におすすめです。

17. 重曹でコーヒーのにおいを消すに ★★★★☆

重曹は、コーヒーのにおいを消すことができます。重曹を使って、コーヒーのにおいがついたカップやポットなどをきれいにすることができます。

重曹を使うには、カップやポットに重曹を入れて、お湯を注ぎます。重曹の量は、カップやポットの大きさによって異なりますが、目安としては、重曹小さじ1杯に対してお湯1カップです。

重曹水につけたカップやポットは、30分ほど置いておきます。重曹がコーヒーのにおいを中和してくれます。その後、水で洗い流せば、カップやポットがきれいになります。重曹は、コーヒーのにおいを消すのに効果的です。

18. 重曹で銀製品の変色を防ぐに ★★★☆☆

重曹は、銀製品の変色を防ぐことができます。重曹を使って、銀製品の酸化を防いだり、酸化した銀製品を元の色に戻したりすることができます。

重曹を使うには、アルミホイルを敷いたボウルに重曹とお湯を入れて、銀製品を入れておきます。重曹とお湯の割合は、お湯1リットルに対して重曹大さじ3杯が目安です。

重曹水につけた銀製品は、10分ほど置いた後に、水で洗い流します。重曹とアルミホイルの反応で、銀製品の酸化を除去することができます。重曹は、銀製品の変色を防ぐのに便利です。

19. 重曹でガムを落とすに ★★★☆☆

重曹は、ガムを落とすことができます。重曹を使って、ガムがついた服や靴などをきれいにすることができます。

重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、ガムに塗ります。重曹のペーストは、ガムを固めて、剥がしやすくする効果があります。

重曹を塗ったガムは、30分ほど置いた後に、爪楊枝やナイフなどでこそげ落とします。重曹は、ガムを落とすのにおすすめです。

20. 重曹で花瓶の水垢を落とすに ★★★★☆

重曹は、花瓶の水垢を落とすことができます。重曹を使って、花瓶の内側の白い汚れをきれいにすることができます。重曹を使うには、花瓶に重曹とお湯を入れて、よくかき混ぜます。

重曹とお湯の割合は、花瓶の大きさによって異なりますが、目安としては、重曹大さじ1杯に対してお湯1リットルです。重曹水につけた花瓶は、数時間置いておきます。

重曹が水垢を浮かせてくれます。その後、ブラシでこすれば、水垢が落ちます。重曹は、花瓶の水垢を落とすのに効果的です。

21. 重曹で鏡の曇りを防ぐに ★★★☆☆

重曹は、鏡の曇りを防ぐことができます。重曹を使って、鏡に水滴がつかないようにすることができます。重曹を使うには、重曹と水を混ぜた重曹水をスプレーボトルに入れて、鏡に吹きかけます。

重曹水の作り方は、水100mlに対して重曹小さじ1杯を溶かすだけです。重曹水を吹きかけた鏡は、乾いた布で拭きます。

重曹が鏡の表面に薄い膜を作って、水滴がつきにくくする効果があります。重曹は、鏡の曇りを防ぐのに便利です。

22. 重曹でワインのシミを落とすに ★★★★☆

重曹は、ワインのシミを落とすことができます。重曹を使って、ワインがこぼれた服やテーブルクロスなどをきれいにすることができます。

重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、シミに塗ります。重曹のペーストは、ワインの色素を分解して落とす効果があります。

重曹を塗ったシミは、30分ほど置いた後に、水で洗い流します。重曹は、ワインのシミを落とすのに効果的です。

23. 重曹で魚のにおいを消すに ★★★★☆

重曹は、魚のにおいを消すことができます。重曹を使って、魚を調理する前や後に、魚や包丁、まな板などのにおいを取ることができます。

重曹を使うには、重曹と水を混ぜた重曹水を作ります。重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹大さじ1杯を溶かすだけです。

重曹水につけた魚や包丁、まな板は、10分ほど置いた後に、水で洗い流します。重曹が魚のにおいを中和してくれます。重曹は、魚のにおいを消すのにおすすめです。

24. 重曹でガラスの傷を消すに ★★★☆☆

重曹は、ガラスの傷を消すことができます。重曹を使って、ガラスの表面の細かい傷を目立たなくすることができます。

重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、傷に塗ります。重曹のペーストは、傷の凹凸を埋めて、光の反射を均一にする効果があります。

重曹を塗った傷は、10分ほど置いた後に、水で洗い流します。重曹は、ガラスの傷を消すのに便利です。

25. 重曹で髪の毛を洗うに ★★★☆☆

重曹は、髪の毛を洗うこともできます。重曹は、髪の毛や頭皮の汚れや油分を落とし、さっぱりとした洗い上がりになります。

重曹を使うには、水に重曹を溶かした重曹水を作ります。水1リットルに対して重曹大さじ1杯が目安です。重曹水で髪の毛を濡らし、マッサージするように洗います。その後、水でよく洗い流します。

重曹は、髪の毛を洗うのに便利ですが、頻繁に使うと髪の毛や頭皮にダメージを与える可能性があるので、注意が必要です。

26. 重曹で爪を白くするに ★★★★☆

重曹は、爪を白くすることもできます。重曹は、爪の黄ばみや汚れを落とし、白く輝かせる効果があります。重曹を使うには、重曹と水をペースト状に混ぜて、爪に塗ります。

重曹のペーストは、爪の表面を磨いて、汚れを除去する効果があります。重曹を塗った爪は、10分ほど置いた後に、水で洗い流します。重曹は、爪を白くするのにおすすめです。

27. 重曹で銀魚を退治するに ★★★☆☆

重曹は、銀魚を退治することもできます。重曹は、銀魚が嫌う匂いを発するので、銀魚の侵入を防ぐ効果があります。また、銀魚が重曹を食べると、体内で反応して死んでしまうという説もあります。

重曹を使うには、重曹を銀魚の出入り口や巣になりそうな場所にまきます。重曹は、銀魚を退治するのに便利ですが、効果には個体差があるので、確実に銀魚を駆除したい場合は、専用の駆除剤を使うのがおすすめです 。

28. 重曹で花の色を変えるに ★★★★☆

重曹は、花の色を変えることもできます。重曹は、水に溶けるとアルカリ性になるので、花の色素のpHに影響を与えます。重曹を使うには、水に重曹を入れて、花を挿します。

重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹小さじ1杯が目安です。重曹水に挿した花は、数日間観察してみます。

重曹が花の色を変える効果は、花の種類や個体によって異なりますが、例えば、紫色のハイドランジアは青色に、ピンク色のハイドランジアは紫色になることがあります 。

29. 重曹でスライムを作るに ★★★★☆

重曹は、スライムを作ることもできます。スライムは、重曹と洗濯のりと水を混ぜて作ることができます。重曹を使うには、ボウルに洗濯のりと水を入れて、よくかき混ぜます。洗濯のりと水の割合は、洗濯のり1カップに対して水1/4カップが目安です。

次に、別のボウルに水と重曹を入れて、よくかき混ぜます。水と重曹の割合は、水1/2カップに対して重曹小さじ1杯が目安です。

最後に、重曹水を少しずつ洗濯のり水に加えて、手でこねます。重曹水を加えると、洗濯のり水が固まってスライムになります。重曹は、スライムを作るのにおすすめです 。

30. 重曹で火山を作るに ★★★★☆

重曹は、火山を作ることもできます。火山は、重曹と酢と食紅を使って作ることができます。重曹を使うには、ペットボトルや紙コップなどに重曹を入れて、食紅を数滴たらします。

次に、別の容器に酢を入れておきます。最後に、酢を重曹に注ぐと、重曹と酢の反応で泡が発生して、火山の噴火のようになります。重曹は、火山を作るのにおすすめです 。

以上で、重曹の使い方・活用法を30個紹介しました。重曹は、掃除や料理、身体ケアなど、さまざまな場面で役立つ万能アイテムです。重曹の特徴や注意点を把握して、重曹を上手に使ってみましょう。😊

重曹の使い方:掃除編

重曹は、キッチンやバスルームなどの水回りの掃除に最適です。油汚れや皮脂汚れ、水垢や湯垢などの酸性の汚れに対して、重曹の弱アルカリ性が効果を発揮します。重曹は粉のまま使う方法、水に溶かして使う方法、少量の水でのばして使う方法の3つの基本があります。それぞれの方法に応じて、以下のような掃除ができます。

重曹(粉のまま使う):消臭やぬらせないもの、水を使えない場所の掃除に。例えば、カーペットやラグ、靴などに重曹をふりかけて、しばらく置いてから掃除機で吸い取ると、においが取れます。

重曹水(水に溶かし使う):スプレーとして、またはつけ置き用水として。例えば、電子レンジやオーブンの汚れには、耐熱コップに水と重曹を入れて温めてから拭き取ると、汚れが落ちやすくなります。また、鍋やフライパンのこびりつきや焦げには、重曹水を入れて沸騰させてから洗うと、汚れが浮き上がります。

重曹ペースト(少量の水でのばして使う):研磨作用で汚れを落とす場合に。例えば、シンクや排水口、換気扇やグリルなどの油汚れには、重曹ペーストを塗ってこすると、汚れが落ちます。

重曹を使うときの注意点としては、重曹は研磨作用があるので、繊細な素材には使わないようにしましょう。また、重曹はアルカリ性なので、アルミ製品や天然素材には変色の恐れがあります。素材を確認してから使うか、目立たないところで試してから使うようにしましょう。

重曹の使い方:美容編

重曹は、身体ケアや美容にも使えます。重曹は、皮脂や汚れを落としたり、角質や黒ずみを除去したり、においを消したりする効果があります。また、重曹は、歯や爪を白くしたり、髪の毛をツヤツヤにしたりする効果もあります。以下のような美容法に重曹を使ってみましょう。

重曹洗顔:重曹ペーストを顔に塗って、優しくマッサージすると、毛穴の汚れや黒ずみを取り除くことができます。重曹は研磨作用があるので、肌に刺激を与えないように、やさしくこすりましょう。また、重曹はアルカリ性なので、洗顔後は酸性の化粧水や乳液で肌のpHバランスを整えましょう。

重曹シャンプー:重曹水を髪につけて、軽くマッサージすると、頭皮の汚れや皮脂を落とすことができます。重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹大さじ1を溶かすだけです。重曹水で洗った後は、酢水やレモン水で髪をすすぐと、髪の毛がツヤツヤになります。酢水やレモン水の作り方は、水1リットルに対して酢やレモン汁大さじ1を入れるだけです。

重曹歯磨き:重曹を歯ブラシにつけて、歯を磨くと、歯垢や歯石を除去することができます。重曹は、歯の表面の汚れを研磨して落とすだけでなく、歯の色素沈着を分解して白くする効果もあります。また、重曹は、口臭の原因となる細菌を殺菌する効果もあります。重曹を使うときは、歯茎に刺激を与えないように、やさしく磨きましょう。

重曹を使うときの注意点としては、重曹は研磨作用があるので、肌や歯に傷をつけないようにしましょう。また、重曹はアルカリ性なので、肌や髪のpHバランスを乱さないように、酸性のもので中和しましょう。重曹を使う頻度や量には気をつけましょう。

重曹の使い方:料理編

重曹は、お菓子作りや料理にも使えます。重曹は加熱すると分解して炭酸ガスを発生します。この炭酸ガスが、生地をふくらませたり、食材を柔らかくしたりする効果があります。また、重曹は色や味を変えることなく、食材のアクや農薬を除去することもできます。以下のような料理に重曹を使ってみましょう。

ベーキングパウダーの代わりに:ベーキングパウダーは重曹と酸性の成分が混ざったものです。重曹に酢やレモン汁などの酸性の液体を加えると、ベーキングパウダーと同じように炭酸ガスが発生します。重曹と酸性の液体の割合は、重曹1に対して酸性の液体2が目安です。例えば、重曹小さじ1に対してレモン汁小さじ2を使います。

緑黄色野菜の発色を良くする:緑黄色野菜は、茹でると色がくすんでしまうことがあります。これは、緑色の色素であるクロロフィルが酸性の水に溶け出してしまうためです。重曹はアルカリ性なので、茹でる水に少量の重曹を加えると、クロロフィルが溶け出すのを防ぎ、緑色が鮮やかになります。ただし、重曹を入れすぎると、野菜の栄養素や風味が失われるので、注意しましょう。重曹の量は、水1リットルに対して小さじ1/4程度が目安です。

肉や魚の臭みを取る:肉や魚には、血液や脂肪などに由来する臭みがあります。これらの臭みは、酸性の成分に反応して分解されることで、軽減されます。重曹はアルカリ性なので、直接肉や魚に振りかけると、臭みの元となる成分と結合して、においを強くすることがあります。そこで、重曹水に肉や魚をつけておくと、重曹が臭みの元となる成分を中和して、においを取ることができます。重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹大さじ1を溶かすだけです。肉や魚は、重曹水に15分から30分ほど浸しておきましょう。

重曹を使うときの注意点としては、重曹はアルカリ性なので、酸性の食材と一緒に使うと、化学反応が起こって味や色が変わることがあります。また、重曹は熱に弱いので、長時間加熱すると効果が減少することがあります。重曹の量や加熱時間には気をつけましょう。

重曹の使い方:その他編

重曹は、家事や美容以外にも、さまざまな場面で役立ちます。重曹は、消臭や防虫、消火などの効果があります。以下のような方法に重曹を使ってみましょう。

重曹の消臭効果:重曹は、においの元となる酸性の成分を中和して、においを消すことができます。重曹を入れた布袋や小さな容器を、冷蔵庫や靴箱、ゴミ箱などにおいの気になる場所に置くと、においが取れます。重曹は、水に溶けると効果がなくなるので、湿気の多い場所には向きません。定期的に取り替えましょう。

重曹の消火効果:重曹は、加熱すると分解して炭酸ガスを発生します。この炭酸ガスが、火に酸素を遮断して、火を消す効果があります。重曹を火の上にふりかけると、油火災や電気火災などの小規模な火事に対処することができます。重曹は、水に溶けると効果がなくなるので、水をかけると逆効果になることがあります。重曹は、消火器の代わりに使えるわけではありませんので、大きな火事の場合は、すぐに消防署に通報しましょう。

以上が、重曹の使い方の一覧です。重曹は、家事や美容に役立つだけでなく、その他の場面でも便利に使える万能アイテムです。重曹の使い方を試してみて、その効果に驚いてください。

You cannot copy content of this page