PR

花びら餅にごぼうはなぜ?まずい?由来や理由についても解説

花びら餅にごぼうはなぜ?まずい?由来や理由についても解説 グルメ

花びら餅と聞いて、どんなイメージを持ちますか?白い餅に赤い求肥を重ねて、中に白味噌餡とごぼうを包んだ和菓子です。京都では、新年の茶事である初釜で出される伝統的なお菓子として知られています。

花びら餅とは

花びら餅は、白い餅を薄く延ばして、赤い餅を重ねたものです。赤い餅は、小豆汁で染めた菱形の餅で、花びらに見立てられています。中には、白味噌と白あんを混ぜた餡と、甘煮にしたごぼうが入っています。ごぼうは、押し鮎に見立てられており、長寿を願う縁起物です。花びら餅は、京都の裏千家の初釜のお菓子として有名で、新年のお祝いに食べられます。

しかし、なぜ花びら餅にはごぼうが入っているのでしょうか?それは、平安時代の歯固めの儀式に由来します。また、花びら餅は味や食感が独特で、好き嫌いが分かれると言われています。

この記事では、ごぼうの意味や由来、味の評価、花びら餅の作り方やレシピなどについて紹介します。花びら餅についてもっと知りたい方は、ぜひお読みください。

今なら送料無料!600年にわたり供された宮中雑煮がルーツの伝統の和菓子を味わう!/

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

花びら餅にごぼうが入っているのはなぜ?和菓子の歴史と意味を探る

新年になると和菓子店に並ぶ、白い餅に赤い餅を重ねた「花びら餅」。中には甘い味噌餡と、なんとごぼうが入っています。この不思議な組み合わせは、どのようにして生まれたのでしょうか?花びら餅の歴史と意味を探ってみましょう。

花びら餅にごぼうが入っている理由と意味

花びら餅にごぼうが入っているのは、平安時代の歯固めの儀式に由来します。歯固めの儀式とは、新年に長寿を願って、固いものを食べる儀式です。当時は、押し鮎や大根、猪肉などを餅とともに食べていました。

抹茶とベストマッチの花びら餅ですね

押し鮎は、新年の祝いに用いられた塩漬けにした鮎で、年魚とも書かれます。この風習は、江戸時代に鏡餅に押し鮎や大根を添えた御所鏡や、餅の中に食品を包んだ宮中雑煮という料理に変化しました。花びら餅は、宮中雑煮を簡略化したもので、押し鮎の代わりにごぼうを使うようになりました。

ごぼうは、土の中にしっかり根を張るので、家の基礎がしっかりしていることや長寿を願う意味が込められています。また、ごぼうは甘煮にしてみそ餡に合わせると、とても相性が良いのです。

花びら餅は、明治時代に裏千家の初釜で使われるようになり、全国に広まりました。花びら餅は、歴史と伝統に裏打ちされた和菓子です。

花びら餅に込められた季節表現

花びら餅には、歴史的な意味だけでなく、季節的な意味もあります。花びら餅は、白い餅に赤い餅を重ねることで、雪の下に咲く梅の花を表現しています。梅の花は、寒さに耐えて早春に咲くことから、清らかさや精神力の象徴とされています。

ロウバイの優しい香りに包まれながらの花びら餅は、素敵な早春のひとときですね

また、花びら餅は、菱形の餅を使っていますが、菱は水の流れを表すとされ、水は清浄や浄化の意味を持ちます。

さらに、花びら餅は、白味噌と白あんを使っていますが、白は純白や清潔の色とされ、新年にふさわしいとされています。

こうして、花びら餅には、新年に新たな気持ちで始めることを願う意味が込められているのです。

今なら送料無料!600年にわたり供された宮中雑煮がルーツの伝統の和菓子を味わう!/

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

賛否あり?独特の味と食感をもつ花びら餅

甘いだけではなく、ほんのりと塩気がある「花びら餅」。味わうほどに少し不思議な組み合わせですが、実は互いの味を引き立てるバランスで成り立っています。

花びら餅の味や食感について

花びら餅の味や食感は、人によって好き嫌いが分かれると言われています。花びら餅は、白い餅に赤い求肥を重ねて、中に白味噌餡とごぼうを包んでいます。

なんと!ごぼうの代わりにポークウィンナー、斬新です!

白い餅はもちもちとしていて、赤い求肥はふわふわとしています。白味噌餡は甘くてコクがあります。ごぼうはシャキシャキとしています。これらの組み合わせは、一見不思議に思えますが、実はバランスが良いのです。

白味噌餡とごぼうの甘辛さが、餅と求肥の淡白さを引き立てています。花びら餅は、口の中でとろけるような食感と、さっぱりとした味わいが楽しめる和菓子です。

しかし、花びら餅は、味や食感が独特であるため、好みが分かれることもあります。中には、ごぼうが入っているのが気になる人や、白味噌餡が甘すぎると感じる人もいるでしょう。

花びら餅の味や食感は、個人の感想によって異なります。花びら餅を食べたことがない人は、一度試してみると良いでしょう。花びら餅の不思議な食感と味が忘れられなくなるかもしれません。

花びら餅の作り方やレシピ

花びら餅は自宅で作ることもできます。必要な材料は以下の通りです。

  • 白玉粉 200g
  • 水 200ml
  • 赤い食用色素 少々
  • 白味噌 100g
  • 砂糖 50g
  • ごぼう 1本
  • 水 300ml
  • 砂糖 50g
  • 醤油 大さじ1

作り方は以下の通りです。

  • ごぼうは皮をむいて、ささがきにする。水と砂糖と醤油を鍋に入れて煮立て、ごぼうを加えて弱火で煮る。水気がなくなるまで煮詰める。
  • 白味噌と砂糖を鍋に入れて弱火で練る。餡がひとまとまりになったら火から下ろす。
  • 白玉粉と水をボウルに入れて混ぜる。生地を2等分し、片方に赤い食用色素を加えて混ぜる。
  • 生地をラップで包んで電子レンジで2分加熱する。取り出してひとつずつ手でこねる。
  • 白い生地と赤い生地をそれぞれ薄く伸ばして、同じ大きさに切る。白い生地の上に赤い生地を重ねる。
  • 餡とごぼうを適量ずつ取って丸める。生地を円形に切り取り、中央に餡とごぼうをのせる。生地の端を持ち上げて包む。
  • 花びら餅の形に整える。水を沸騰させた鍋に入れて、浮いてきたらすくい上げる。
  • 器に盛り付けて、出来上がり。

まとめ

花びら餅は、平安時代の歯固めの儀式から生まれた和菓子で、新年のお祝いに食べられます。

中に入っているごぼうは、押し鮎に見立てられており、長寿を願う縁起物です。

花びら餅は、雪の下に咲く梅の花や水の流れを表現しており、清らかさや浄化の意味を持ちます。

花びら餅は、歴史と季節の意味を持つ、日本の伝統的な和菓子です。

時代の変遷を感じつつ、新年に花びら餅をいただくと、また味わい深い感じがします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今なら送料無料!600年にわたり供された宮中雑煮がルーツの伝統の和菓子を味わう!/

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

You cannot copy content of this page