PR

花粉症2024年は1月から?西日本はもう飛散?通院者が増加中

花粉症2024年は1月から?西日本はもう飛散?通院者が増加中 トレンド

2024年の花粉症シーズンは、暖冬の影響で例年より早く始まる見込みです。

特に西日本では、1月下旬からスギ花粉が飛散し始めており、通院者が増えているという報道もあります。花粉症の方はもちろん、花粉症になりたくない方も、早めの対策が必要です。

この記事では、2024年の花粉症シーズンにおける、飛散開始時期や飛散量、症状の予防や治療についてまとめてみました。

2024年の花粉症シーズンはいつからいつまで?

2024年の花粉症シーズンは、暖冬の影響で例年より早く始まる見込みです。特に西日本では、1月下旬からスギ花粉が飛散し始めており、ピークは2月下旬から3月下旬にかけてとなる予想です。

東日本でも、2月上旬から飛散が始まり、3月上旬から中旬にピークを迎えるでしょう。花粉の飛散量は、多くの地域で例年並みかやや多い予想です 。北海道は、前年の飛散量が少なかったため、非常に多い見込みです。

スギ花粉のほかにも、ヒノキ花粉やシラカバ花粉などの飛散にも注意が必要です。ヒノキ花粉の飛散は、3月中旬から4月中旬にかけてピークを迎えるでしょう。

シラカバ花粉は、北海道で4月上旬から飛散が始まり、非常に多い飛散量となる見込みです。

2024年の花粉症シーズンはどれくらいひどい?

2024年の花粉症シーズンは、飛散量が多くの地域で例年並みかやや多いと予想されています 。2023年の夏は、高温・多照・少雨という花芽の形成に好条件な気象条件が揃い、スギやヒノキの花芽が多くついたと考えられます。

一方で、2023年の春は花粉の飛散量が多かったため、2024年は飛散量が少なくなる「裏年」になるという見方もあります。しかし、2024年の冬は暖冬で気温が高めであったことや、寒暖差が大きかったことなどが影響し、スギやヒノキの開花が早まると予想されています。

そのため、飛散量は前年に比べると少なくなるものの、平年に比べると同程度かやや多くなると見られています。北海道では、シラカバ花粉の飛散量が非常に多くなると予想されており、注意が必要です。

2024年の花粉症シーズンに備えるには?

2024年の花粉症シーズンに備えるには、早めの対策が重要です。花粉症の症状は、花粉が体に入ることで起こるアレルギー反応です。花粉が体に入ると、免疫システムが過剰に反応して、ヒスタミンという物質を放出します。ヒスタミンは、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こします。花粉症の対策は、以下の3つのポイントに分けられます。

❶予防:花粉が体に入らないようにする

予防は、花粉症対策の基本です。花粉が体に入らなければ、症状は起こりません。

予防の方法は、以下のようなものがあります。

  • 外出時はマスクやメガネ、帽子などを着用し、目・鼻・口から花粉が入るのを防ぐ
  • 花粉が付着しにくい服装にし、帰宅時には花粉を払い落とす
  • 室内では空気清浄機や加湿器を使い、花粉の浮遊を減らす
  • 花粉の飛散量や飛散範囲をチェックし、外出のタイミングやルートを工夫する
  • 花粉の多い場所や季節には、旅行やレジャーを控える

花粉の飛散量や飛散範囲は、気温や風向きなどの気象条件によって変動するため、常に最新の情報をチェックすることが大切です。

花粉の飛散状況や予測は、Yahoo!天気やtenki.jpなどのサイトで確認できます 。

❷緩和:花粉が体に入っても症状を軽くする

緩和は、花粉が体に入っても症状を軽くする方法です。

緩和の方法は、以下のようなものがあります。

  • 目や鼻のかゆみを抑える目薬や鼻スプレーを使う
  • 鼻水やくしゃみを抑える抗ヒスタミン剤や鎮咳去痰薬を服用する
  • 喉の痛みや咳を和らげるのど飴や飲み物を摂る
  • 体調や気分を整えるビタミンやミネラル、漢方薬などを摂る
  • ストレスや疲労を溜めないようにする

緩和の方法は、個人差があることや、花粉症のタイプや重症度によっても異なることに注意してください。また、市販薬や自然療法の効果や副作用、注意点についても、事前に確認してください。

❸治療:花粉に対する免疫反応を抑える

治療は、花粉に対する免疫反応を抑える方法です。治療の方法は、以下のようなものがあります。

  • 花粉症の診断を受け、医師の指示に従って薬を服用する
  • 花粉に対する耐性を高めるアレルギー免疫療法を受ける
  • 花粉に対する感受性を低くする鍼灸やヨガなどの代替療法を試す

治療の方法は、花粉症のタイプや重症度に応じて、医師に相談して決めることが望ましいです。自己判断で市販薬を服用するのは、症状を悪化させる可能性があります。

また、アレルギー免疫療法や代替療法は、効果や安全性について、科学的な根拠や専門家の意見が不十分な場合があります。そのため、利用する際には、十分な情報収集やリスク管理を行ってください。

まとめ

2024年の花粉症シーズンは、暖冬の影響で例年より早く始まり、飛散量も多くなる見込みです。

花粉症の症状を予防や緩和するためには、早めの対策が必要です。また、花粉症の診断や治療を受けることも大切です。花粉症の情報は常に最新のものをチェックしましょう。

以上、『花粉症2024年は1月から?西日本はもう飛散?通院者が増加中』という記事をお届けしました。この記事が花粉症の方のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

You cannot copy content of this page