PR

ピーナッツと落花生と南京豆の違いとは?栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピも紹介!

ピーナッツと落花生と南京豆の違いとは?栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピも紹介! グルメ

ピーナッツと落花生と南京豆は、同じ植物の実を指す言葉ですが、呼び方の違いは、「殻の有無」や「語源」、「調理法」などによって分かれます。

この記事では、ピーナッツと落花生と南京豆の違いや関係を分かりやすく説明し、栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピを紹介します。

ピーナッツと落花生と南京豆は、ナッツ類と同様に、たんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で、健康や美容に良い効果が期待できます。

また、洋風や和風の料理やお菓子に使えるので、食べ方やレシピのバリエーションも豊富です。

ピーナッツと落花生と南京豆の違いや関係、栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピを知って、日常の食卓に取り入れてみましょう。

ピーナッツと落花生と南京豆の違いや関係について

ピーナッツと落花生と南京豆は、同じ植物の実を指す言葉ですが、呼び方の違いは、「殻の有無」や「語源」、「調理法」などによって分かれます。

殻の有無から

  • ピーナッツは、殻から取り出した中身を指します。茶色い皮が付いたままのものや、塩味などで加工したものもピーナッツと呼ばれます。
  • 落花生は、殻の付いたままの実を指します。茹でたり煎ったりしたものも落花生と呼ばれます。また、植物名としても落花生と呼ばれます。
  • 南京豆は、殻だけを剥いた後の茶色い皮が付いたままの実を指すことがあります。ただし、ピーナッツや落花生とも呼ばれることがあります

語源から

  • ピーナッツは、英語の「peanuts」から来ています。「pea」はエンドウ豆やエンドウ豆に似た植物のことで「豆」を意味し、「nuts」は「木の実」を意味します。つまり、ピーナッツは「木の実のような豆」が語源です。
  • 落花生は、受粉した後、花が下を向いて子房が地下に潜り込み、地面の中で実をつけるという特徴から名付けられた漢名です。この落花生の語源に由来する別称には、「地豆(じまめ)」や「地下豆(ちかまめ)」もあります。
  • 南京豆は、江戸時代に中国の南京から日本に伝わったことに由来します。ただし、現在栽培されている品種は明治維新以降に日本に入ってきた品種で、当時の南京豆とは品種が異なります。中国伝来の意味では、「唐人豆(とうじんまめ)」や「異人豆(いじんまめ)」という別称もあります。

調理法から

  • ピーナッツは、洋風の味付けや洋菓子に用いられることが多いです。例えば、ピーナッツバターやピーナッツクッキーなどがあります。
  • 落花生は、和風の味付けや和菓子に用いられることが多いです。例えば、落花生餅や落花生豆腐などがあります。
  • 南京豆は、あまり使われない呼び方ですが、和菓子に用いられることがあります。例えば、南京豆大福や南京豆羊羹などがあります。

ピーナッツと落花生と南京豆の栄養や効能について

ピーナッツと落花生と南京豆は、ナッツ類と同様に、たんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で、健康や美容に良い効果が期待できます。

栄養素

ピーナッツと落花生と南京豆は、以下のような栄養素が含まれています。

  • たんぱく質:100gあたり約25g。動物性たんぱく質に匹敵する量で、筋肉や骨、皮膚などの組織の形成や修復に必要です。
  • 脂質:100gあたり約50g。不飽和脂肪酸が多く、コレステロールや血糖値の改善、動脈硬化の予防に役立ちます。
  • ビタミン:ビタミンB1、B2、B6、E、ナイアシンなどが豊富です。ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を促進し、エネルギーの生成に必要です。ビタミンEは、抗酸化作用があり、老化の防止や免疫力の向上に役立ちます。ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康に必要です。
  • ミネラル:カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、カリウム、リンなどが豊富です。カルシウムは、骨や歯の形成や神経の伝達に必要です。マグネシウムは、筋肉の収縮や血圧の調節に必要です。鉄は、血液中のヘモグロビンの生成に必要です。亜鉛は、味覚や嗅覚の維持や免疫系の正常化に必要です。カリウムは、体液のバランスや筋肉の動きに必要です。リンは、骨や歯の構成やエネルギー代謝に必要です。

ピーナッツと落花生と南京豆のおすすめの食べ方やレシピを紹介する

ピーナッツと落花生と南京豆は、洋風や和風の料理やお菓子に使えるので、食べ方やレシピも豊富です。

洋風の食べ方やレシピ

ピーナッツは、洋風の味付けや洋菓子に用いられることが多いです。以下のようなレシピがおすすめです。

  • ピーナッツバター:ピーナッツをフードプロセッサーで細かくするだけで簡単に作れます。塩や砂糖、オイルなどで味を調整できます。パンやクラッカーに塗ったり、スムージーやドレッシングに加えたりして楽しみましょう。
  • ピーナッツクッキー:ピーナッツバターと小麦粉、砂糖、卵などを混ぜて焼くだけで、サクサクのクッキーができます。チョコチップやナッツなどを加えてもおいしいです。
  • ピーナッツチキン:鶏肉とピーナッツを炒めて、醤油や酢、砂糖、鶏ガラスープなどで味付けしたソースをからめます。ピリ辛に仕上げると、中華風になります。
  • ピーナッツサラダ:レタスやトマト、きゅうりなどの野菜に、ピーナッツを散らします。ピーナッツバターと酢、砂糖、オイルなどで作ったドレッシングをかけます。ナッツの食感と風味がアクセントになります。

和風の食べ方やレシピ

落花生は、和風の味付けや和菓子に用いられることが多いです。以下のようなレシピがおすすめです。

  • 落花生餅:落花生を炒ってすりつぶし、砂糖と水で煮詰めたあんを作ります。餅米を蒸してつぶし、あんを包んで丸めます。きな粉をまぶして完成です。
  • 落花生豆腐:落花生を水に浸してからすりつぶし、水と一緒に鍋で煮ます。煮立ったら、にがりを加えて固まらせます。水気を切って、冷やしてから切ります。醤油やおろし生姜などで食べます。
  • 落花生ご飯:落花生を殻から出して、水に浸してから炊飯器に入れます。米と水と一緒に炊きます。塩や醤油で味付けします。落花生の香ばしさとほくほく感が楽しめます。
  • 落花生汁:落花生を殻から出して、水に浸してから鍋で煮ます。鶏肉や大根、人参などの具材を加えて、鶏ガラスープや塩で味付けします。落花生の甘みとコクが出ます。

ピーナッツと落花生と南京豆の違いとは?栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピまとめ

ピーナッツと落花生と南京豆の違いとは、「殻の有無」や「語源」、「調理法」などによって分かれますが、同じ植物の実を指す言葉です。

ピーナッツと落花生と南京豆は、ナッツ類と同様に、たんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で、健康や美容に良い効果が期待できます

また、洋風や和風の料理やお菓子に使えるので、食べ方やレシピも豊富です。

ピーナッツと落花生と南京豆の違いや関係、栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピを知って、食生活に役立てましょう。

この記事では、ピーナッツと落花生と南京豆の違いや関係を分かりやすく説明し、栄養や効能、おすすめの食べ方やレシピを紹介しました。

ピーナッツと落花生と南京豆は、どれもおいしくて栄養豊富な食材です。

ぜひ、この記事を参考にして、色々な食べ方やレシピを試してみてください。あなたの健康や美容に役立つことを願っています。

You cannot copy content of this page