PR

カビ毒給食の衝撃~子どもの健康を守るために知っておきたいこと

カビ毒給食の衝撃~子どもの健康を守るために知っておきたいこと グルメ

カビ毒給食という言葉を聞いたことがありますか?2023年11月から12月にかけて、岩手県産の小麦粉からカビ毒の一種であるデオキシニバレノール(DON/赤カビ)が基準値を超える量で検出されたことが発表されました。

この小麦粉は全国の小・中学校の給食に使われており、岩手県、宮城県をはじめ新潟県三条市神奈川県藤沢市、茅ヶ崎市ではせんべい汁やかやきなどに使われていたことが判明しています。このニュースを聞いて、子どもの健康を心配する親御さんも多いのではないでしょうか?

基準値を超える量が摂取されると危険とされています

この記事では、カビ毒給食の真相と対策について、最新の情報や専門家の見解をもとに解説します。

カビ毒とは何か?

カビ毒とは、カビが生産する有毒な物質の総称です。カビ毒にはさまざまな種類がありますが、今回の問題で検出されたのはデオキシニバレノール(DON/赤カビ)というカビ毒です。

デオキシニバレノールは、ナンブコムギやトウモロコシなどの穀物に発生するカビの一種であるフサリウム属のカビが産生するカビ毒です。

近年の気候変動(高温多湿化)による影響にあわせた対応が求められます

デオキシニバレノールは、穀物の収穫前や貯蔵中に、高温多湿な環境になると発生しやすくなります。

カビ毒の健康被害と予防方法(冬場でも家庭の食品類へ注意が必要)

カビ毒の健康被害は、摂取量や個人差によって異なりますが、一般的には、嘔吐や下痢、食欲不振、発熱などの消化器系の症状や、免疫力の低下、発育障害、発がん性などの慢性的な影響が報告されています。

特に、子どもや妊婦、高齢者などは、カビ毒に対する感受性が高いと考えられています。 カビ毒の診断方法は、血液検査や尿検査などでカビ毒の代謝物を測定することですが、現在は一般的には行われていません

冬場でも家庭の食品類への注意が必要です

カビ毒の予防方法としては、以下のことが挙げられます。

  • 穀物や穀物製品の購入時には、賞味期限や保存方法を確認し、カビや異臭がないかチェックする。
  • 穀物や穀物製品の保存時には、密閉容器に入れて冷暗所に保管し、湿気や高温を避ける
  • 穀物や穀物製品の調理時には、十分に加熱する
    ⇒カビ毒は熱に弱いので、100℃以上で15分以上加熱すると、カビ毒の濃度は約90%減少すると言われています。
  • 穀物や穀物製品の摂取量を適切に調整する
    ⇒カビ毒の基準値は、1日に摂取する食品中のカビ毒の量が、体重1キログラムあたり1マイクログラム以下になるように設定されています。 例えば、体重50キログラムの人は、1日に50マイクログラム以下のカビ毒を摂取することが目安です。

カビ毒給食の原因と対策

カビ毒給食の原因は、岩手県産の小麦粉にカビ毒が混入したことです。 この小麦粉は、JA全農いわてが生産し、全国の学校給食に納入していました。

神奈川県藤沢市でも使用が確認されました(今のところ健康被害の報告なし)

せんべい汁の具材として「割れかやき煎餅」を使用しており、児童一人当たりの摂取量は、約8gです。なお、パンや麺などの小麦を原料とする製品は、専門業者から納入しているため、当該小麦の使用はありません。

引用 :令和5年12月7日発表 小学校給食で使用した食材への「カビ毒」の混入について – 神奈川県茅ヶ崎市

カビ毒が混入した原因は、2023年の夏に岩手県で発生した豪雨により、小麦の収穫時期が遅れ、カビが繁殖したことだと考えられています。 また、小麦粉の検査や管理にも問題があった可能性が指摘されています。

カビ毒給食の対策としては、以下のことが行われています。

  • JA全農いわては、カビ毒が検出された小麦粉の出荷停止と自主回収を呼びかけています。
  • 農林水産省は、カビ毒による国産農産物の汚染実態を把握するための調査を毎年度実施しており、生産段階や貯蔵段階において必要かつ適切な対策をとることが重要であるとしています。
  • 学校給食に関しては、各自治体の教育委員会や学校が、カビ毒が混入した可能性のある食材の使用停止や廃棄、児童や保護者への連絡や報告などを行っています。 また、カビ毒による健康被害の有無や因果関係の確認も行っています。

(参考)カビ毒の種類

カビ毒の種類としては、デオキシニバレノールのほかにも、アフラトキシン、オクラトキシン、ジアセチルスクラロピン、トリコテセン、ゼアレノンなどがあります。これらのカビ毒は、それぞれ異なるカビの種類や発生条件によって産生されます。

カビ毒の健康被害は、摂取量や個人差によって異なりますが、一般的には、以下のような影響が報告されています。

  • アフラトキシン:肝臓に対する毒性が高く、肝がんのリスクを高める。また、免疫力の低下や発育障害を引き起こす可能性がある。
  • オクラトキシン:腎臓に対する毒性が高く、腎不全や腎がんのリスクを高める。また、神経系や血液系にも影響を与える。
  • ジアセチルスクラロピン:中枢神経系に対する毒性が高く、錯乱や幻覚などの精神症状を引き起こす。また、肝臓や腎臓にも損傷を与える。
  • トリコテセン:消化器系に対する毒性が高く、嘔吐や下痢、食欲不振、発熱などの症状を引き起こす。また、免疫力の低下や出血傾向を引き起こす。
  • ゼアレノン:女性ホルモンに似た作用を持ち、生殖器や乳腺に影響を与える。また、発育障害や流産のリスクを高める。

カビ毒の診断方法は、血液検査や尿検査などでカビ毒の代謝物を測定することですが、現在は一般的には行われていません。 しかし、カビ毒による健康被害を疑う場合は、医師に相談することが重要です。医師は、カビ毒の摂取量や症状、既往歴などをもとに、必要な検査や治療を行うことができます。

このように、カビ毒給食は、子どもの健康に影響を及ぼす可能性のある深刻な問題です。カビ毒の健康被害や予防方法について知っておくことは、親としても重要です。

また、カビ毒給食の原因や対策についても、関係者の責任や対応を問うことは、社会としても必要です。カビ毒給食に関する情報や意見を積極的に発信し、子どもの健康を守るためにできることを考えていきましょう。

まとめ

カビ毒給食は、子どもの健康に影響を及ぼす可能性のある深刻な問題です。カビ毒の健康被害や予防方法について知っておくことは、親としても重要です。

また、カビ毒給食の原因や対策についても、関係者の責任や対応を問うことは、社会としても必要です。カビ毒給食に関する情報や意見を積極的に発信し、子どもの健康を守るためにできることを考えていきましょう。

You cannot copy content of this page