PR

加熱式タバコ増税はなぜ?防衛費のため?影響から対策まで徹底解説!

加熱式タバコ増税はなぜ?防衛費のため?影響から対策まで徹底解説! トレンド

加熱式タバコは、紙巻きタバコと違って、タバコを加熱して吸う新しいタイプのタバコです。そのため、紙巻きタバコと同じく、たばこ税が課されています。

しかし、2024年からは、加熱式タバコに対しても、紙巻きタバコと同じく1本あたり3円の増税が行われる予定です。これは、防衛費の財源確保のために必要な措置だとされています。

この記事では、そんな加熱式タバコ増税の理由や影響、対策について、最新の情報をもとに徹底解説します。加熱式タバコを吸う人も吸わない人も必見の記事です。

加熱式タバコ増税の理由は?(防衛費の財源確保)

加熱式タバコ増税の理由は、防衛費の財源確保にあります。

2023年6月に、防衛費増額の財源の根拠となる防衛財源確保法が可決・成立しました。この法律は新たに「防衛力強化資金」を設立し、その資金源として政府資産売却益や特別会計繰入金などを充てることを目的としたものです。

しかし、この法律だけでは防衛費の増額には足りず、約1兆円の不足分が生じます。そのため、自民党の税制調査会では、所得税、法人税、たばこ税などの増税で不足分を補うことを検討しています。

この増税の中で、加熱式タバコに対する増税は、1本換算で3円程度の段階的な引き上げが予定されています。これは、加熱式タバコの税率が紙巻きタバコよりも低いことや、加熱式タバコの市場規模が拡大していることを考慮したものです。

この増税の措置は、2024年以降の適切な時期に始まる予定です。ただし、この増税案はまだ決定ではなく、与党内でも意見が分かれています。

加熱式タバコ増税の影響は?(喫煙者だけでなく非喫煙者にも及ぶ)

加熱式タバコ増税の影響は、喫煙者だけでなく非喫煙者にも及びます。

まず、喫煙者にとっては、タバコ代が高くなることで、家計や生活に影響が出る可能性があります。特に、低所得層や若年層の喫煙者は、増税の負担が大きくなると考えられます。

また、加熱式タバコのメリットの一つである、紙巻きタバコよりも健康リスクが低いという点も、増税によって失われる可能性があります

なぜなら、増税によって加熱式タバコの価格が上がると、紙巻きタバコに戻るか、安価な海外製の加熱式タバコに切り替える喫煙者が増えるからです。これは、加熱式タバコの品質や安全性に影響を与える可能性があります。

次に、非喫煙者にとっては、加熱式タバコ増税は、間接的に税負担が増えることを意味します。なぜなら、加熱式タバコは紙巻きタバコよりも高い税率で課されるため、加熱式タバコの売上が減ると、たばこ税の税収が減るからです。

たばこ税の税収は、一般会計や地方交付税に振り分けられ、社会保障や教育などの公共サービスに使われています。したがって、たばこ税の税収が減ると、その分他の税金で補わなければならない可能性があります。

以上のように、加熱式タバコ増税は、喫煙者だけでなく非喫煙者にとっても他人事ではありません。

加熱式タバコ増税の対策はどうすればいい?

加熱式タバコ増税の対策は、喫煙者にとっては、以下のようなものが考えられます。

  • 禁煙する。加熱式タバコ増税の最も確実な対策は、禁煙することです。禁煙することで、タバコ代や健康被害を節約することができます。また、禁煙することで、自分や周囲の人の健康を守ることができます。禁煙するためには、医師や薬剤師などの専門家の助けを借りたり、禁煙外来や禁煙支援プログラムなどを利用したりすることが有効です。
  • 加熱式タバコの使用量を減らす。禁煙が難しい場合は、加熱式タバコの使用量を減らすことで、増税の影響を軽減することができます。加熱式タバコの使用量を減らすためには、自分の喫煙パターンを把握したり、喫煙する時間や場所を制限したり、他の嗜好品や趣味に切り替えたりすることが有効です。
  • 加熱式タバコの代替品を探す。加熱式タバコの代替品として、電子タバコやニコチンガムなどがあります。これらの製品は、加熱式タバコよりも税率が低いか、税金がかからない場合があります。しかし、これらの製品にも健康被害や法的な制限がある場合があります。そのため、使用する前には、製品の成分や安全性、法律や規制などを確認することが必要です。

非喫煙者にとっては、加熱式タバコ増税の対策は、以下のようなものが考えられます。

  • 増税の是非や影響について知る。加熱式タバコ増税は、非喫煙者にとっても他人事ではありません。増税の理由や影響について知ることで、自分の税負担や公共サービスに対する意識や態度を見直すことができます。また、増税の是非や影響について知ることで、喫煙者や非喫煙者とのコミュニケーションや協力を促進することができます。
  • 増税に対する意見や提案を表明する。加熱式タバコ増税は、まだ決定ではなく、与党内でも意見が分かれています。 そのため、非喫煙者も増税に対する意見や提案を表明することで、政策決定に影響を与える可能性があります。意見や提案を表明する方法としては、国会議員や地方議員などの政治家に連絡したり、メディアやSNSなどで発信したり、署名やデモなどの運動に参加したりすることがあります。

加熱式タバコ増税の口コミは?

加熱式タバコが増税されることについては、賛成意見より反対意見が目立つようです。

楽しんごさん(お笑い芸人、整体師、実業家)から岸田政権への辛辣なコメント

元々、紙タバコが高い税率を課せられているのは、世界的に、国民の健康増進といった先進的な政策理念(ハームリダクション)に基づくものです。

紙タバコの代替・移行手段として普及しつつある、健康・有害リスクが高くない加熱式タバコを「同等の税率にする」ことは、ハームリダクションの主旨に外れるばかりでなく、世界を見渡しても他に例をみない施策です。

簡単に言うと、「取りやすいところから取っている」と揶揄されている、ということです。

まとめ

加熱式タバコ増税は、2024年以降に段階的に実施される見通しです。この増税の理由は、防衛費の財源確保にあります。

しかし、この増税は、喫煙者だけでなく非喫煙者にとっても不利益や影響があります。この記事では、加熱式タバコ増税の背景や理由、影響や対策について、最新の情報をもとに徹底解説しました。

加熱式タバコを吸う人も吸わない人も、この増税について知っておくことが大切です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

You cannot copy content of this page